新生銀行レイクの審査を徹底解析

新生銀行レイクの審査は他の銀行カードローンと比較してもかなり緩いです。レイクの審査申し込み方法は非常に多くあります。店舗まで申し込みをすることはもちろん、郵送や自動契約機、インターネット、電話などとても多岐にわたります。インターネットから気軽に申し込みすることが出来る金融機関はレイクの他にもたくさんあります。しかし数多くある金融機関の中でもレイクが人気あるのです。
この理由は銀行カードローンなので総量規制の対象外、即日融資に対応。この二つが特に人気あります。また審査時間は最短で30分で終わるというのも大きな魅力です。新しく消費者金融から銀行カードローンになったこの金融機関に注目してみたいと思います。


レイクには自動契約機がある

レイクには自動契約機があります。この自動契約機は主に消費者金融で行われているサービスです。この自動契約機の存在でさらに即日融資でお金を借りることが便利になりました。自動契約機を利用すれば申し込みからカード受け取りまで、最短で30分で終わります。申し込みからカード発行まで30分で完了することが出来る銀行はレイク以外ありません。さらに自動契約機をもっと生かす方法があります。それは事前にインターネットで申し込みを済ませる事です。インターネットで申し込みを済ませておくと、自動契約機に行くとすぐに審査結果を知ることが出来ます。つまり機械の前で待つ時間を短縮する事が出来ます。自動契約機とインターネットを活用して最短でお金を借り入れましょう。


審査はなぜ他の銀行と比較して緩いのか

なぜ他の銀行カードローンと比較して審査が緩いのでしょうか。その理由は金利にあります。金利は4.5パーセントから18.0パーセントと銀行カードローンの中では比較的金利が高く設定されています。金利と審査の関係性はとても大きいです。例えば金利が低く設定されている三菱東京UFJ銀行の審査はかなり厳しいです。
反対に消費者金融の金利は高く設置されている代わりに審査はそこまで厳しいものではありません。


レイクは銀行と消費者金融のどっち?

レイクは銀行カードローンでありますが、条件を見ると消費者金融に近いと言えます。これをどのように取るかによってレイクが便利である金融機関であるか決まります。
総量規制の対象外なのに他の銀行カードローンよりも利用しやすい、だからこれはとても便利だ。反対に銀行カードローンなのに金利が高く支払う利息が多いから、これは損だ。カードローンはこのように個人の考え方によって大きく左右されます。一番大事なことは自分が何を求めて借り入れをするかです。これが定まっていないと、満足の行く借り入れをすることは出来ないでしょう。