レイクよりも審査が甘いカードローンはあるの?

審査が甘いカードローンはと聞いたら、やはり消費者金融を思い浮かべるのではないでしょうか。やはり皆さんご存知の通り、銀行の審査は厳しいです。さらに審査時間にとても掛かるので即日融資を希望している人には向いていません。
しかし、新生銀行レイクはどうでしょう。昔のレイクは消費者金融でしたが、今は銀行系のカードローンです。銀行系カードローンでは一番審査が緩いと言われています。
確かにレイクの審査は、ネットの口コミを見ても甘いという意見が多く見られます。ではレイクよりも審査が甘い銀行系カードローンないのか。これを調べてみましょう。


レイクの審査基準

レイクの審査が緩いというのは、やはり以前は消費者金融であることが大きいと思います。
では、レイクの審査基準はどうなのか見てみましょう。
レイクとみずほ銀行を比較してみます。
レイクの借り入れ金利4.5パーセント~18.0パーセント。一方でみずほの借り入れ金利は4,0パーセント~14.5パーセントです。さら限度額も1000万円と、レイクよりも500万円も多いです。
これが、レイクが他の銀行よりも審査が緩い基準なのです。消費者金融の最高金利は18.0パーセントがほとんどです。一方で銀行の最高金利は14.0パーセントが一般的です。そうです。レイクの貸付条件は消費者金融に近いのです。金利の高さと審査は密な関係があります。


銀行カードローンでは一番緩い

こういった理由からも、レイクよりも審査が緩いカードローンはありません。しかし、それでも審査に絶対に通るというわけではありません。ここでは突破するための秘訣を紹介します。
それは、借入金額を少なくすることです。借り入れ金額が少ないとその分に審査に通りやすくなるという話を一度は聞いたことがあるかもしれません。
では、その理由が分かりますか?それは不良債権を増やさないためです。銀行も消費者金融もそうですが、一番の損失は不良債権を抱えることです。業者は何が何でもこれを阻止しなければなりません。
初めての利用するお客さんは、やはり不安なものです。それが高額の借り入れを希望しているのとなると、尚更審査が厳しくなります。
少額の借り入れなら、万が一でもそれほど損失が多くないからと、とりあえず通して様子を見ようと判断するのです。出来ることなら、少しでも借りてもらって利息を手に入れたいからです。このレイクのやり方は、他の消費者金融と同じです。レイクはシステムや手法を見ても消費者金融カードローンですね。
これを踏まえて考えるとやはり、レイクよりも審査が緩い銀行カードローンはないでしょう。