レイクの審査で嘘ついたらどうなるの?

お金がどうしても欲しい。そんな時はキャッシングを利用しようと考えるはずです。しかしキャッシングを利用するためには審査を突破しなければなりません。自分はどのくらい借り入れすることが出来るのか、信用情報に自信がない。このように審査に不安を抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
ましてやこれまでにキャッシングをしたことがない方なら尚更です。今回は消費者金融から銀行系カードローンになった新生銀行レイクの審査について考えてみたいと思います。レイクはレディースローンを行ったり、無利息サービスを行ったりしている貸金業者です。サービスが充実しているのでレイクから借り入れしたいと考えているかたも多いでしょう。


レイクの審査で嘘の申告をしたらどうなるのか

レイクの審査は他の銀行や消費者金融と比較しても、ほぼ同じであると言えます。審査基準は銀行の方がどうしても厳しくはなっています。
どうしても借り入れをしたいと考えて、審査に嘘の申告をしてしまう方がたまにいらっしゃいます。では嘘の申告をしてしまった場合はどうなってしまうのでしょうか・
まず申告しなければいけないことは、年収、勤務先、勤続年数、他社の借り入れ状況などがあげられます。この中で一番大事なことは他社の借り入れ状況です。他社から多くの負債を抱えている人は審査には通りにくくなります。つまりこれが一番大事な項目と言っても過言ではありません。また嘘の申告で多いのが他社の借り入れ件数や金額でもあるのです。年収は企業の規模などで大体の金額は分かってしまう、勤続年数も在籍確認などでばれてしまう恐れがある。しかし他社の借り入れ状況を嘘ついてもばれることはないだろうと考える方が多いのです。
しかしこれは確実にばれてしまいます。なぜなら各貸金業者は利用者の借り入れ履歴を共有しているからです。もし嘘の申告をしても確実にばれてしまいます。
審査を行う方は審査のプロです。申告した内容が本当に正しいのかどうか。これを一つずつ事実確認していきます。これから逃れることが絶対に出来ません。
もし嘘の申告がばれてしまうと、一生その金融機関では借り入れを行う事が出来ないかもしれません。各金融機関によって対応が変わりますが、レイクでは悪質な嘘だと判断されれば二度と借り入れを行うことが出来なくなります。
レイクでお金を借りたいと考えている方は一度、自分の信用情報などを確認してみると良いでしょう。そして自分が借り入れすることが出来るのか、申告に間違いはないのか。これを必ず確認して審査を受けるようにしましょう。