レイクのカードローンの審査は大手消費者金融と同じ難易度

新生銀行レイクは以前、消費者金融カードローンでした。しかし最近銀行系カードローンの仲間入りを果たしたので、今では総量規制の対象外となっています。消費者金融から銀行になったレイクの審査は一体どうなのでしょうか。
カードローン利用の審査の厳しさは大手銀行・地方銀行→大手消費者金融→中小消費者金融となっています。
まずは大手銀行カードローンの審査から順番に受けていくことをおすすめします。やはり消費者金融カードローンと銀行カードローンだと、圧倒的に銀行の方が有利な条件で借りることが出来るからです。しかし銀行のカテゴリーに入っているレイクですが、実際は大手消費者金融と審査難易度は変わりません。その理由を他の銀行と比較しながら見ていきましょう。


銀行系カードローンが一番有利で借りることが出来る

銀行系カードローンは一番有利な条件で借りることが出来る借り入れ方法です。銀行系カードローンに含まれるのは、レイクはもちろん、大手銀行・地方銀行、信用金庫などになります。この銀行系カードローンの審査難易度はどれも変わりありません。よく大手銀行カードローンの審査が厳しいと勘違いしている方もいますがそんなこともありません。意外と地方銀行の方が厳しかったりするのです。どの銀行系が厳しいか順位をつけることは出来ません。


レイクと大手銀行の審査難易度はどうなのか

レイクとみずほ銀行の審査難易度は、みずほ銀行の方が厳しいと言えます。それを説明するためにもまずは貸し付け条件を紹介します。
○レイク       金利  4.5パーセント~18.0パーセント
           限度額 1万円から500万円
○みずほ銀行     金利  4.0パーセント~14.0パーセント
           限度額 10万円から1000万円
このような貸し付け条件となっています。この条件を見るとなぜみずほ銀行がレイクよりも、審査が厳しいか分かるのではないでしょうか。金利を見てみると、レイク金利は銀行よりも消費者金融に近いのです。なぜなら大手消費者金融であるプロミスの金利は9.8パーセントから17.8パーセントだからです。また限度額もみずほ銀行が1000万円なのに対して、レイクは500万円です。以上から、レイクはみずほ銀行などの銀行系カードローンとは少し違う、特殊なカードローンなのです。


審査が通りやすい理由がある

以上の説明が他の銀行系カードローンと比較しても審査が通りやすい理由が分かったと思います。借り入れ条件が変わらないなら消費者金融を利用しても変わらないと思う方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。なぜなら消費者金融は総量規制の対象外ではないからです。
総量規制対処外で尚且つ、審査が緩いカードローンを利用したいと考えた時はレイク一択になります。